1. HOME
  2. » キャリアデザイン塾 第8回『不遇の時期に学ぶこと ~人間万事塞翁が馬~』

キャリアデザイン塾 第8回開催レポート

『不遇の時期に学ぶこと ~人間万事塞翁が馬~』

通算で8回目となる今回は、
『不遇の時期に学ぶこと ~人間万事塞翁が馬~』と題して開催しました。

インテグリティのキャリアデザイン塾「皆さんにとって、不遇だった時期は?」
この質問に対し、様々な答えが出されました。
大学受験の失敗/希望した企業に就職できなかった/職場での人間関係/人事異動/給与ダウン/会社の合併や倒産 等々。
おそらく、参加いただいた方ばかりでなく、世の中の多くの方が「自分は不遇だ」と感じた経験があるかと思います。

「では、そう感じた時、どのような行動をしますか(しましたか)?」
この質問には、時間があったので資格取得の勉強をした/諦めで投げ出してしまった/なんとかなるさと腹を括る(括った) 等々。
しかし、最も大切なことは、そんな時こそ、「千載一遇のチャンス」ととらえ、自分を見つめ直すことが重要です。

インテグリティのキャリアデザイン塾【不遇な時こと、千載一遇のチャンス】
・目標とビジョンを明確にする
・自律する=人間としての軸、哲学、基本的な考え方を持つ
・ミッションと大義で動く⇒計算と打算では動かない
・危機と向き合う(逃げない)
・成功のサイクル(PDCA)をつかむ
不遇な時こそ、学ぶべきことが多いものです。

インテグリティのキャリアデザイン塾ディスカッションの合間、別室にてティータイム。
リラックスした雰囲気の中、自分が不遇と感じた時期のエピソードについて語り合っていました。

インテグリティのキャリアデザイン塾前半のディスカッションをふまえ、後半は糸川塾長の講義が中心。
不遇な時こそ、人間を鍛え、基礎力を身につけることが必要。

【社会人基礎力の3つの能力】
「前に踏み出す力(アクション)」
「考え抜く力(シンキング)」
「チームで働く力(チームワーク)」

これらを構成する「12の能力要素」と企業が「求める人物像」との関係の深さを示した興味深い資料を配付。
企業規模に限らず、求められる能力は類似しています。しかも、大企業の方が全ての能力において高いものを求めているというデータです。

インテグリティのキャリアデザイン塾【今回のまとめ】
不遇と千載一遇のチャンスととらえ、
人間を鍛え、基礎力を身につける。
そして、
「人事を尽くして天命に遊ぶ」
天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず。
天のもたらす幸運は地勢の有利さには及ばない。
地勢の有利さは人身の一致に及ばない。

不遇の時こそ原点回帰。
本質を見極める力と行動が重要です。

インテグリティのキャリアデザイン塾今回も初参加の方にお渡しした、
インテグリティ特製『10年カレンダー』。

5年後10年後に在るべき姿を想像し、
「夢に日付を入れましょう」。

 

第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回 | 第6回 | 第7回 | 第8回 | 参加者の声

back to pagetop

  1. HOME
  2. » キャリアデザイン塾 第8回『不遇の時期に学ぶこと ~人間万事塞翁が馬~』